企業情報 リンク 英語 問い合わせ
   
  ホーム   キューピーについて   キャンペーン情報   グッズ紹介   ショップ 展示   おしらせ   キューピークラブ  
ローズオニール物語
 
 
Web連載 ローズオニール物語 第1話
ローズオニール誕生
ローズ・セシール・オニール
 

今から約130年前、1874年6月25日アメリカ・ペンシルバ二ア州のウイスクバレーで、かわいい女の赤ちゃんが産声をあげました。
そのベビーこそ、世界中を夢中にさせた偉大な可愛いキャラクター“キュ―ピー”の生みの親ローズ・セシール・オニ一ルです。

ローズが生まれた家は、父親が結婚のために建てたエメラルドコテッジと名付けられた家で、ローズの両親と2才上の兄、そしてメイドが住んでいました。
父親の名前は、ウィリアム・パトリック・オニール(以下パパオニールと呼びます)。出版と本の販売をする会社を経営していましたが、詩を愛し、クラシックにも精通すると共に、常に新しい世界に目を向けつづけているロマンチストでもありました。
母親は、アリス・オニール。結婚するまでは、公立高校の音楽の教師をしていました。教養豊かで美しい母アリスは、生涯にわたりオニール家のこころのささえであり、オニールを含め6人の子供を育てながらも音楽や読書にも時間を使ったと言われています。
ローズは彼女を「ミーミ」という愛称で呼び、生涯をとおして深く愛し続けました。

ローズが4歳の時、事業がうまくいかなくなったパパオニールは、さらなる夢を求めて西部ネブラスカに移住します。
長い幌馬車の旅でようやくたどりついた新天地、ネブラスカ平原での田舎暮らしは、農業をしたことのなかったオニール家の人々にとって厳しく、さらにオマハの町に移り住むことになりました。

ローズの母
(晩年、ローズ自身のイラスト)

ローズの父
(晩年の写真)

ローズの生家
ペンシルバニア州のエメラルドコテッジ

オマハヘ
  オマハでの暮らしも厳しいものでしたが、パパオニールは、娘たちに芸術を教えなければならないと考えました。
ローズには演劇を、妹のリーには美術を。
ローズは幼い頃から秀でた芸術の才能を示しました。早くも7歳の頃には、シェイクスピアの劇を暗唱し人々を驚かせました。
それだけではなく、天性の美しさから、パパオニールは彼女を大女優にしようと、演劇のコーチをしたり、ピアノを習わせたり、さらには劇団に連れていったりしたほどです。
しかしローズ本人が一番最初に愛したのは、スケッチすることでした。
幼い弟の寝顔や身近にあるものをスケッチすること、それは少女ローズにとっては子供の遊びとおなじぐらい、息をすることとおなじぐらい自然で欠くことのできないことでした。(つづく)
 
  第2話へ>>
ローズオニール物語メニュータイトル
1.ローズオニール誕生へ
2.美術の道へ1へ
3.美術の道へ2へ
4.ニューヨークへ
5.ボニーブルックへ
6.結婚と離婚1へ
7.結婚と離婚2へ
8.結婚と離婚3へ
9.キューピーの丹治洋1へ
10.キューピーの誕生2へ
11.キューピーの誕生3へ
12.キューピークレイズへ
13.キューピーに託したものへ
14.第一次世界大戦へ
15.ワシントンスクエアーへ
16.モンスターへ
17.カラバス城へ
18.繁栄と不況の時代へ
キューピーヴィレ誕生へ
20.カドルキューピー誕生へ
21.世界大恐慌へ
22.母との別れへ
23.ホーホーの誕生へ
24.新しい喜びへ
25.安らかな眠りへ